甲子園口しまはら歯科

WEB予約はこちら Instagramはこちら

甲子園口しまはら歯科

MENU

医院ブログ

Blog

間食について


こんにちは!甲子園口しまはら歯科、歯科衛生士のKです。

今日は間食のとり方についてお話します。

健康的な生活を送る上でも、まずは食事とお口の中の細菌についてまとめていきたいと思います

普段、私たちのお口の中は、中性(PH7)で保たれているのですが、食事をすると数分で酸性へとかたむきます!

 (食べ物に含まれる糖をエサにしてプラーク中の細菌が酸をつくり、歯を溶かし始めることによって酸性へとかたむくためです)

 お口の中が酸性へと傾き、歯が溶けることを『脱灰』と言います

 そして、唾液の働きによって、30分から1時間くらいの時間をかけてゆっくりとまた中性に戻っていきます

このことを『再石灰化』と言います!

不明.jpg

 こののグラフは、脱灰と再石灰化のバランスが取れている状態です。

1__#$!@!#__不明.jpg

そして、こちらのグラフは脱灰と再石灰化のバランスが悪い状態です。

 間食などによって、だらだら食べを続けていると酸性の状態が続き、脱灰している時間も長くなります。そのため、再石灰化は促されず、虫歯になりやすい環境がうまれてしまうというわけです。そのため、歯磨きをきちんとされていたとしても、こういった食生活を続けていると虫歯のリスクは高まってしまいます。。。

酸性に傾きやすい食べ物としては、お菓子類に加えて炭酸飲料やジュース、酸の強い食べ物、ワインなどがあります。

参考までに例えを挙げましたが、あまり神経質になってしまうと食事が楽しめなくなってしまうので、大事なのはきちんと再石灰化を促すことです! 🙂 

そのため、間食はだらだら食べを控え、規則正しい食生活を心がけましょう。何か気になることがあればいつでもご相談下さい!✨

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ